faxの送り方

具体的な送信方法

社会人として最低限の知識として覚えておきたいのが、FAXの送り方です。
仕事で使う場合は迅速な対応が必要ですから先輩社員に怒られる前に、しっかり頭にいれておきましょう。
まず、FAXを送るときには、表書き(送り状)をつけるのがマナーです。
受信先の会社名や部署名、個人名、送信側の会社名や部署名
個人名、電話番号、FAX番号、日付、送信枚数を記入するのを忘れないようにしてください。
パソコン入力ではなく、手書き文章を作成すると、非常によい表書きが完成しますよ。
また、FAXを送信した後、先方に届いたことを電話で確認すると、とっても丁寧です。
トップページ

ドキュメントを送信

その際、ページが抜けていないか、見づらい文字はないかどうかを
一緒にチェックしてもらうと、さらに仕事が捗るはずです。
FAXを受信したときは、送られてきた枚数がきちんとそろっているか
不鮮明で読めない文字はないかなどをすぐにチェックしておきましょう。
重要な文書を受信した場合は、送信してきた相手に、ドキュメントを確認したことを伝えた方がよいです。
また、受け取ったFAXは、放置せずにしっかり保管するように心がけましょう。
FAXはさまざまな人が見る可能性があるので、間違っても秘文書を送らないように注意してくださいね。

faxの送り方記事一覧

セキュアFAX

いま加入している電話やISDN回線で結ばれているネットワークを使ってFAX送信する「セキュアFAX」は、任意の内線番号を設定するだけでオフィス内でのFAX通信ネットワークを構築したり、全国規模の内線通信をすることができます。すでに多くの企業で採用されている「セキュアFAX」の特長は、発信・着信規制す...

≫続きを読む

PamFax

いつでもどこでもFAXの送受信ができる「PamFax」は、ワールドワイドに文書のやりとりができるのが特長です。外出先でもFAXの内容をチェックしたい方、FAXにかかる費用をもっと低コストに抑えたい方に絶対おすすめのサービスですよ。数あるインナーネットFAXのなかでも、「PamFax」は低価格で送受信...

≫続きを読む

faxとアルバイト

最低賃金法によって定められているアルバイトの最低賃金は、都道府県によって大きな差があります。例えば、関東近郊を比較してみると、東京都内は850円、神奈川県は849円埼玉県は771円、千葉県は756円と、80円ほど違ってきます。さらに、全国に目を向けてみると、北海道は719円、大阪は800円、沖縄は6...

≫続きを読む