ipadとファックス

小さいモデル

現在発売されているipadの種類として、
ipad mini・ipad 2・ipad Retinaディスプレイモデルの3種類があります。
これは誰でも知っていると思いますが、どんどん利用ユーザーも増えているみたいですね。
一番安いモデルがipad miniの16GBで本体価格が28800円と
なっていて、一番高額な物となるとipad Retinaディスプレイモデルの

wi-fi+cellularモデル128GBの77800円となり、かなりの価格差が
ある事が分かって頂けると思います。

名前の通りipad miniはサイズが一回り小さいモデルですので、
安くなっているのはありますし、外に持ち運んだりする方なら
このモデルでも十分なのではないでしょうか。
トップページ

スペックも良い

逆にpad 2やipad Retinaは従来の大きさになってきますので、
持ち運ぶのには少し不便であったり、ipad Retinaの様に
cpuにクアッドコアグラフィックスが搭載された上位機種まで
必要かどうかとなると個人差が出てくるでしょう。
単にネットやゲームアプリを楽しみたいだけなのであれば、上位機種や
高額なモデルは必要無いと思われますし、安価なモデルを選ぶと良いでしょう。
ただ、容量が16〜128GBまであって、容量が大きいほどアプリや動画などを
保存出来る量が多くなるので、一番安価な16GBだと音楽や動画・アプリなど
少し保存をしただけでも、すぐに一杯になってしまうので、予算の許す限り
容量は多い物を選ぶようにして下さい。

ipadのファックス利用関連ページ

仕事とEFAX
仕事だけでなく日常の個人同士のやり取りでも活用されているのがこのネット系の便利なツール。
ファックスの耐用年数
使い方や場所によってもどれだけ使えるのか?何十年も使えるのか変わりますね。