faxの耐用年数

家電製品

faxの耐用年数は国税庁によりしっかり決められており5年間とされています。
ですが、5年経てば壊れても仕方がないというわけでは無く、
faxだけに限った事ではありませんが、例えば一般家庭用の
家電製品には製造販売終了後でも8年間はその機種の
部品や機能を維持するための保守義務があります。
つまりどんな家電製品でも最低8年はその機種が持つ機能を維持できると考えられます。
業務用にも保守義務はあり、大体10年くらいはその機能を維持出来ると考えておけば良いでしょう。
ただし、購入した物をいつまでも使い続ける事が良い事ばかりでは無く、
買い換えた方が消費電力が抑えられたり、新しい機能によって効率化が
履かれたりする場合もあるので、長く持てば良いという事でもありません。
トップページ

設備投資

1つの買い替えの考え方として減価償却を計算してみるのが目安になるのではないでしょうか。
減価償却とは長期にわたって使用出来たりする設備などについて、購入経費を購入した時に
計上するのではなく、複数期間に分割して計上することで収益とそれを生み出すのに
かかった費用を対応させようとする会計上の仕組みの事で、例えば40万円の
fax複合機を会社で購入した場合、毎年5万円を費用と考えれば、8年間で減価償却出来る事になります。
つまり8年経てば元は取れたと言う事ですので、そこで壊れてなくても
買い換えをすれば少なくても損はないという事になります。
勿論減価償却にはもっと複雑な計算が必要ではありますが、
あくまで説明の為簡単な数値を上げてみております。

ファックスの耐用年数記事一覧

fax050の活用

ウェブのサービスを探している貴方にご案内。インターネットやメール機能を利用して、FAXの送受信ができる「fax050.jp」は、クラウドを使えるのが特長です。これまでFAX内容を確認するためだけに会社へ戻っていた方自宅にこういう便利なツールやソフトがなくて、また所有したいけど値段が気になって困ってい...

≫続きを読む

efaxと書き方

個人でfaxのやり取りを行うのであれば特に形式的なものは考えなくてもいいのでしょうがしかし会社同士のやり取りの場合はそうもいきません。特にfaxはメールや郵送のように相手個人に直接届くものではなく会社に送られるものですから、その書き方には十分に注意しましょう。faxを送る時にはまず案内状の作成を行わ...

≫続きを読む