efaxを活用

会社でFAX

FAXといえば、主に会社で用いるのではないでしょうか。
もちろん個人同士の場合もあるでしょうが、限りなく用途は限定されていますね。
家庭への普及はまだまだ少なく、その使い道がわからなかったりします。
会社でFAXを用いるのは、契約書の伝達で使われているのを垣間見たことがあります。
契約に基づいて手続きが進む場面では、さっとFAXに流すことが
契約内容を確認し、次のステップに進んでいけるというものです。
とくに店頭から本部への伝達の際にそれがなされ、本部での事務手続きを迅速に処理する一助となっています。
ファイリングするにも適しているでしょう。
トップページ

業務使用のFAX

もしも契約書を封筒に入れて本部へ送っていたら、数日を要するのが数分で届くのはとても便利です。
もちろんそれは原本ではないから、後からふたたび送付する必要がありますが
事前に確認だけすればよいときには処理スピードを早めることができます。
FAXの場合、受け取り側にとっても、印刷の手間が省くことができます。
添付メールで送ってきたときには、印刷する必要があったのがFAX自体が印刷を兼ねています。
最近はメールやLINEなどこちらの方が安くて早いということで、これからも需要は減少するでしょうね。

efaxの活用記事一覧

仕事とEFAX

FAXを利用することのメリットとして、送り主の意志や伝えたいことを正確かつスピーディーに相手の人に理解してもらえるということが挙げられると感じています。FAXでは大事な書類や概要を書いたメモなどを、リアルタイムで送信することが出来ます。通常、そのような書類を郵送した場合には切手代がかかるだけでなく三...

≫続きを読む

ファックスの耐用年数

faxの耐用年数は国税庁によりしっかり決められており5年間とされています。ですが、5年経てば壊れても仕方がないというわけでは無く、faxだけに限った事ではありませんが、例えば一般家庭用の家電製品には製造販売終了後でも8年間はその機種の部品や機能を維持するための保守義務があります。つまりどんな家電製品...

≫続きを読む

ipadのファックス利用

現在発売されているipadの種類として、ipad mini・ipad 2・ipad Retinaディスプレイモデルの3種類があります。これは誰でも知っていると思いますが、どんどん利用ユーザーも増えているみたいですね。一番安いモデルがipad miniの16GBで本体価格が28800円となっていて、一...

≫続きを読む